中古車のチェックポイント3:中古車情報 中古車の購入ガイド

中古車のチェックポイント3

外見だけではわからない中古車の状態

中古車選びで最も気を付けなければいけないのが、車の外見上ではわからない、その中古車の歴史です。

以前のオーナーにどのように使用されていたのか?事故歴は?保障はあるのか?といったことです。

確認が難しいものもありますが、書類などで調べられることもあります。できるだけ確認したい項目を取り上げてみました。

◆走行距離はどれくらいなのか?
メーター戻しなどが行われている場合がありますが、外見から見破ることはできません。

それより、エンジン、足回りなど、しっかり整備されていた中古車であれば、たとえ何万キロの走行距離でもしっかりと走ります。

走行距離そのものよりも、そういった面を重視して中古車のチェックをしてください。

◆車検があるか、あるとすればいつまでか?
安かった中古車を購入したものの、すぐに車検切れ・・・。こんなことになると手間だけでなく、中古車購入代金に加え、車検の代金もかかってしまいます。

車検の有無を確認し、もしその中古車に車検が残っている場合はいつまでかといったことも確認しておきましょう。これも中古車購入の重要なポイントです。

◆その中古車に保障が付いているか?
もし保障があればどの程度まで見てもらえるのか、購入前に確認しておきます。

◆修復暦がないか?
修復歴、つまり事故車ではないかを確認します。

これも見分けることは大変難しいですが、事故車をつかまされない為にも、接合部のゆがみや、試乗できるなら試乗して、その中古車がまっすぐに走れるか、なにか不具合がないかなどをしっかりとチェックする必要があります。

車の整備士でもなければ、わかりづらい項目が多く、通常見過ごしてしまいそうなものばかりです。しかし、これらの項目は、公正競争規約にもとづき、販売店側は中古車にこれらの事項を表示することを義務付けられています。

もし表示されていなかったり、なにか疑問があれば、店員に尋ねて見ましょう。

また整備記録など、その中古車の整備状況に関する書類があれば目を通しておいください。

中古車選び

Sponsored Link

検索ボックス
カスタム検索

ここに200から300文字程度の文章を書く

ここに文章を書く

ここに文章を書く

中古車

Sponsored Links
サブコンテンツ
リンク集